活動紹介 Activity

長野県選手団派遣

 スペシャルオリンピックス日本・長野では、4年に1度開催される夏季・冬季の世界大会・ナショナルゲーム(全国大会)や他県が行うブロック競技会へ長野県選手団を派遣しています。
 親元を離れ参加することで、競技性の向上だけでなく、より多くの人との出会い、生活面での自立など、アスリートが社会性を広げ、新たな目標や次へのステップにつながる機会となっています。

(参考)世界大会・ナショナルゲーム(全国大会)派遣実績

1999年6月 第10回夏季世界大会・ノースカロライナ 1名参加
2001年3月 第7回冬季世界大会・アラスカ 1名参加
2002年8月 第3回夏季ナショナルゲーム・東京 参加
2003年6月 第11回夏季世界大会・ダブリン 1名参加
2004年2月 第4回冬季ナショナルゲーム・長野 68名参加
2005年2月 第8回冬季世界大会・長野 29名参加
2006年11月 第4回夏季ナショナルゲーム・熊本 74名参加
2007年10月 第12回夏季世界大会・上海 6名参加
2008年3月 第4回冬季ナショナルゲーム・山形 68名参加
2009年2月 第9回冬季世界大会・アイダホ 7名参加
2010年11月 第5回夏季ナショナルゲーム・大阪 86名参加
2011年6月 第13回夏季世界大会・アテネ 3名参加
2012年2月 第5回冬季ナショナルゲーム・福島 67名参加
2013年1月 第10回冬季世界大会・ピョンチャン 19名参加

活動紹介

スペシャルオリンピックス日本
EPSON

page top